鯛(たい)が赤いのは何故?

光は普段白っぽく見えていますが、実際にはいくつもの色が混ざっています。
鯛は光が当たると赤以外の光は吸収され、赤い光だけが多く反射しているから赤く見えるのです。

水は赤い光を一番最初に吸収しやすい性質を持っています。
水深が深くなると赤色の光は届きません。

海の中で目立つということは敵にも発見されやすくなります。
鯛の住む水深では赤の方が目立たないということなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました