東尋坊の名前の由来は崖から突き落とされて死んだ僧侶

福井県にある絶景の観光スポット、東尋坊。


日本海にそそりたつ断崖絶壁が海岸線に約1kmほど続き、しかも観光客は柵も何もない崖の上を自由に歩けるようになっています。

荒々しい景観は見応えたっぷりで、数々のミステリー作品の舞台にもなっています。

東尋坊という名前にはどんな由来があるのでしょうか?

東尋坊は白山平泉寺(はくさんへいせんじ)の修行僧の名前です。

東尋坊は怪力で乱暴ものなのでみんなから嫌われていました。

1182年4月5日、平泉寺の春の祭礼のあと、人々は祭りの宴を行いました。

日頃から東尋坊に恨みを持つ人たちは、はかりごとを企てました。

東尋坊にたくさん酒を飲ませて、酔っ払ったところを崖から突き落として転落死させました。

しかし、その直後から風が吹き荒れ、雷鳴が轟き、激しい雨が降りつけ、大波が押し寄せました。
その場にいた大勢の人々が高波にさらわれて亡くなりました。

それから4月5日になると、東尋坊の怨霊があらわれ、必ず風が吹き、海が荒れるようになりました。

それ以来、断崖絶壁は「東尋坊」と呼ばれるようになったということです。

東尋坊にそんな恐ろしい伝説があったとは…

また、東尋坊を突き落とした人物が恋敵だった説や、東尋坊は文武両道の優れた僧侶で妬まれたのではないか…という説もあります。

地理的な特徴の話をすると、東尋坊の岩は、
安山岩でできた大きな六角形の石の柱がたくさん並んで、海から突き出しています。

こういう状態を柱状節理(ちゅうじょうせつり)といいます。

柱状節理の風景は、日本でもいくつかあるのですが、東尋坊のようなスケールになると、

世界で3か所しかないそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました