鍋の素材別、焦げを楽に落とす方法

鍋は素材によって適切な焦げの落とし方があります。

素材別のオススメの方法とやってはいけない方法を紹介します。

素材別のオススメの方法とやってはいけない方法を紹介します。

アルミ
軽くてお手頃価格なアルミ鍋は、サビにくくアルカリに弱い性質があります。
アルミ鍋の焦げには、お酢を使います。
重曹を使うと変色するのでやってはいけません。

ステンレス
サビにくいけどちょっと焦げつきやすい性質があります。
重曹で落ちなかったら、お酢を試してください。

ホーロー
ホーローは鉄などにガラスを吹きつけた、表面がガラス質の鍋です。
ホーロー鍋の焦げには、重曹かお酢を使いましょう。

テフロン・セラミック
テフロン・セラミック加工の鍋は表面をコーティングして焦げ付きにくい性質があります。
傷つきやすいので、水を入れて沸騰させて焦げを落とします。


鉄鍋はから焚きも平気で、タワシでゴシゴシこすって洗っても良い、丈夫な鍋です。
重い、油をなじませないとサビてしまうというマイナス面もあります。
鉄鍋は、から焚きをして焦げを取ります。
洗う時は油が取れてしまうので、水だけで洗剤は不要です。


銅鍋はアルカリ性に弱く、きちんと洗わないと変色してしまいます。
水を沸騰させて焦げを取るのがオススメです。

ガラス
酸性、アルカリ性、塩分にも強く、作り置きにも使えるガラス鍋。
焦げ落としには、重曹かお酢を使いましょう。

土鍋
寒い時期、お鍋に大活躍の土鍋ですが、洗剤の浸け置きはNG!
土鍋は小さな穴がたくさんあり、そこに洗剤が入り込んでしまいます。

土鍋の焦げ落としは焦がした物により異なります。

肉、魚、卵、砂糖、お米などの焦げには重曹を。
野菜、果物、きのこ、海藻、大豆などの焦げにはお酢が効きます。

重曹を使って焦げを落とす手順

オススメ:ステンレス、ホーロー、ガラス、土鍋
やってはいけない:アルミ鍋、銅鍋

用意するもの

重曹
スポンジ

1、鍋に水と重曹を入れます
鍋の焦げが浸かるぐらい水を入れます。
重曹は水コップ1杯に対して大さじ1杯の割合です。

2、重曹を溶かす
火にかけて混ぜながら重曹を溶かします。
重曹は水に溶けにくい性質があり、温めることで溶けやすくなります。

3、沸騰させる
重曹水が沸騰したら10分ほどそのまま煮てください。

4、しばらく置いておく
火を止めてしばらく放置。
半日ぐらいそのままで置くのが良いでしょう。

5、スポンジでこする
お湯を捨てて、柔らかいスポンジでこすってみて。
焦げが落ちていなければ繰り返してみてください。

お酢を使って焦げを落とす手順

臭いですが、重曹のように浸けて待つ必要がありません。

オススメ:アルミ、ステンレス、ホーロー、土鍋

用意するもの

お酢
スポンジ
ゴム手袋

1、水と酢を入れます
鍋の焦げが浸かるぐらい水を入れます。
酢は水1Lに50mlの割合です。

2、沸騰させる
酢水を沸騰させます。
臭いので必ず換気を行いましょう。
沸騰したら10分くらい煮てください。

3、スポンジでこする
時間になったらお湯を捨てます。
お湯を捨てた直後は熱いのでヤケドに注意してください。
ゴム手袋をして、スポンジでこすります。

落ちなければ中性洗剤を足して1からやりなおしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました