無意識に行っているセルフ・ハンディキャッピングとは

セルフ・ハンディキャッピングとは、
「自分自身にハンディキャップを付けること」という意味です。

自らにハンディキャップを課すことで、たとえ失敗した時でも自分以外の他のもののせいだと言い訳ができる状況をつくり、自尊心を守ります。

獲得的セルフ・ハンディキャッピング

テスト前などにあえてゲームをしたり、突然部屋の掃除や整理を始めてしまうことはありませんか?

やるべきことがあるのに、わざわざ作業の妨害になるような行為をすることを
「獲得的セルフ・ハンディキャッピング」といいます。

自分の能力に自信がないとき、成績が悪かった場合、
「本当はできるのに、ハンディキャップがあったからできなかった」と言い訳するために行う
自己評価や自尊心を守るようにする自己防衛のための行為です。

主張的セルフ・ハンディキャッピング

テスト前になると、「全然勉強してない」「睡眠不足で頭が痛い」「数学は苦手なんだよね」など
予防的な発言をして周囲の友人などに広める行為を
「主張的セルフ・ハンディキャッピング」といいます。

成功や失敗した時に備えて言い訳を用意する点では、「獲得的セルフハンディキャッピング」と同じですが、
言い訳をあらかじめ自分で主張することが「主張的セルフハンディキャッピング」です。

「獲得的」が言い訳を作っているのに対して、「主張的」は言い訳をしているだけです。

セルフハンディキャップはその場しのぎの言い訳にはなりますが、失敗から学ぶことや、自分の能力と向き合い努力したことで得られる充実感・満足感という成功体験を積むことができなくなってしまいます。

結果的に、自分自身を認めてあげたり好きなったりする自己肯定感が育たなくなってしまいます。

セルフハンディキャップの問題点

セルフハンディキャップの問題点は、
「言い訳を作る=目的の達成が難しくなる」という点です。

まず自分自身が「言い訳」をしてしまっていることに気がつき、認める必要があります。

自分の言い訳に気づくためには、「自分が敬遠しているもの」に目を向けてみましょう。

言い訳を考えない

「失敗しないために何もしない」「無駄になるからやらない」という言い訳が、「しない言い訳」です。

何に対しても言い訳、つまり「できない理由」を探すのではなく

「できる理由」を考え、成功するイメージを持つことで成功までの道筋をたどりながら努力することができます。

「自分にもできるんだ」という思いを持ちながら取り組むことで、
成功に近づいて自信につながっていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました